はるそらブログ

40代2児のパパTuber兼ブロガー。継続こそ力なりをモットーに、お役立ちコンテンツやワクワクするような情報を、あまり難しく考えず、楽しみながら発信していきます。

ニンテンドースイッチのジョイコン(L/左)を自分で修理する方法を詳しく解説

はい皆さんこんにちは〜

はるそらチャンネルです‼️

f:id:halsolach:20190425225826p:image

 

今回は「Nintendo SwitchニンテンドースイッチJoy-Con(L/左)ジョイコンが勝手に動いてしまう不具合を安く安全になるべく壊さないように修理をする方法について詳しく解説していきたいと思います。


【これまでの経緯】

メーカー保証期間はとうの昔に過ぎており

新しいジョイコンを買おうとも思いましたが

8000円近くもかかってしまうため

意を決してAmazonで1580円の修理キットを購入し

自分で交換修理をしてみました。

 

私が購入した当初より修理キットの内容や

グレードが上がっているようです。


※注意

メーカー保証が効かなくなり

故障のリスクもございますので

分解修理は自己責任でお願いします。

 

それではさっそく解説していきたいと思います。

 

まずは現状の確認です。

何もさわっていないのに

ジョイコンが勝手に動いてしまいます。

f:id:halsolach:20190425225333p:image

 

交換修理には最低でもY字ドライバーという特殊なドライバーと新しいスティックが必要になります。

 

今回はアマゾンで1580円で売ってました修理キットとつまようじ1本を使って修理をしていきたいと思います。

f:id:halsolach:20190425203219j:image

 

ではさっそく分解からやってきたいと思います Y字ドライバー(0.6)を使って4カ所のネジを外していきます。

f:id:halsolach:20190425203745p:image

 

ここで注意していただきたいのが、外れにくいからといって無理にY字ドライバーを回してしまうとネジ山があめってしまう(欠けてしまう)ので、そんな時はドライバーを少し押し込みながらネジを回していくとネジ山がつぶれてしまう確率が下がります。

f:id:halsolach:20190425225414p:image

 

もし、この時点でネジ山がつぶれてしまった場合はこちらのゴムゴム作戦をお試しください。

あわせてドライバーの持ち方についても詳しく解説しております。

youtu.be

 

 4カ所のネジが外れましたら修理パーツに付属していたギターのピックのような青い三角形のものでカバーを外していきます。慣れると爪でも開けられる様になります。

f:id:halsolach:20190425230300p:image

 

カバーの隙間にピックの薄い部分を挟み込んでカバーを開いていきます。

f:id:halsolach:20190425230330p:image

 

ここで注意なのですが

カバーと本体が茶色のテープ(*FPC/FFC/フレキシブルフラットケーブル/フレキシケーブルなどと呼ばれているようです)でつながっておりますので、あまり思いっきり外してしまうとケーブルが切れてしまいますので、切れないように注意しながらそっと外しましょう。

f:id:halsolach:20190425230929p:image

 

続きましてバッテリーを外します

修理パーツに付属していた緑色のヘラのような道具で

f:id:halsolach:20190425231258p:image

 

バッテリーの隙間に差し込んで起こすように外していきます。

f:id:halsolach:20190425231324p:image

 

バッテリーと本体とは両面テープでくっついていますので、両面テープも一緒にはがれる場合があります。

またバッテリーと本体を繋ぐコードが切れないように外しましょう。

f:id:halsolach:20190425231505p:image

 

 

次にバッテリーの土台を外していきます。

ここからはプラス+ドライバーを使います。

とても小さいネジなのでなくしてしまわないように注意しましょう。

 

下の画像で見えている3箇所のネジを外します。いちばん右上のネジ(いま外しているところ)が少し分かりにくいですが、ここも外さないとバッテリーの土台が外れません。

f:id:halsolach:20190425232048p:image

 

バッテリーの土台もフレキシケーブルで本体とつながっていますので、切らないように注意しましょう。

f:id:halsolach:20190425234537p:image

 

続きましてスティックパーツの2カ所のネジを外していくのですが、1カ所がフレキシケーブルに隠れています。

f:id:halsolach:20190427234435p:image

まずは隠れている方のフレキシケーブルを外す作業から始めます。

ケーブルの先にある、接続部分のパーツ(FPCコネクタ)の小さなレバーをつまようじなどで起こしていきます、グレーのレバーになります。

f:id:halsolach:20190427234522p:image

 

このレバーを起こすとフレキシケーブルを外すことが出来ます。

f:id:halsolach:20190427234602p:image

 

つまようじで引きぬいてあげるとフレキシケーブルがコネクタから外れます。

f:id:halsolach:20190427235128p:image

ケーブルが外れるとネジを外せるようになります。

 

次にジョイコンスティックのパーツのフレキシケーブルを外していきます。

こちらのコネクタは黒いレバーです。

f:id:halsolach:20190427235836p:image

 

先程と同様につまようじなどで起こしてあげると、ケーブルが外せるようになります。

f:id:halsolach:20190427235856p:image

 

つまようじでケーブルを上に持ち上げるようにするとケーブルがコネクタから抜けてきます。

f:id:halsolach:20190428000432p:image

 

ケーブルを引き抜いたらプラスドライバーで2カ所のネジを外していきます。

f:id:halsolach:20190428000751p:image

 

2カ所のネジを外すとスティックが外せるようになります。

 

下の方からジョイコンのスティックを少し押し上げるとスティックパーツが外れやすいです。

 

この時スティックパーツと本体との間に黒いシールのようなものが貼ってありますが、このシールは本体側に貼り付けたままジョイコンスティックを外すと後で新しいスティックを取り付けるときに手間が省けます。

f:id:halsolach:20190428001608p:image

 

それでは新しいスティックを取り付けていきます。

f:id:halsolach:20190428002519p:image

 

新しいスティックを取り付ける方向は、スティックのパーツから出ているケーブルを、先ほど外したコネクタ部分に挿し込める方向で取り付けていきます。

f:id:halsolach:20190428002552p:image

 

先にプラスドライバーでネジを2カ所締めて固定てしまいます。

f:id:halsolach:20190428003141p:image

 

そして先ほど外したケーブルを接続部分(コネクタ)に挿し込んでいきます。

f:id:halsolach:20190428003407p:image

 

コネクタのグレーのレバーを下げるとケーブルが固定されて抜けなくなります。

f:id:halsolach:20190428003714p:image

 

もう1カ所のケーブルも接続部分(コネクタ)に挿し込むように入れます。

f:id:halsolach:20190428004259p:image

 

これくらい挿さっていればOKです。

f:id:halsolach:20190708070217j:image

 

黒いレバーを下ろし固定させます。

f:id:halsolach:20190428004420p:image

 

念のためつまようじなどで軽くケーブルを引っ張って、簡単に外れてしまわないか確認をします。

f:id:halsolach:20190428004535p:image

 

分解した時に「L」ボタンが外れていた場合は、ここで取り付けます。

f:id:halsolach:20190428010559p:image

 

バネを押しつつ、ボタンの溝にしっかりハマるようにして取り付けます。

f:id:halsolach:20190428010813p:image

 

次にバッテリーの土台を取り付けていきます。

f:id:halsolach:20190428011146p:image

 

3カ所をプラスのネジで固定していきます。

f:id:halsolach:20190428011533p:image

 

次にバッテリーを取り付けていきます。

f:id:halsolach:20190428011616p:image

 

両面テープで固定されるので、はめ込んで少しだけ押し付けてあげます。

f:id:halsolach:20190428011923p:image

 

次にカバーを閉じていきます。

f:id:halsolach:20190428012752p:image

 

再び登場、Y字ドライバーです。

f:id:halsolach:20190428012917p:image

 

4カ所のネジを止めていきます。

f:id:halsolach:20190428013000p:image

 

ここであまり強く締めすぎるとネジ山が欠けてしまうので加減をしながらしめていきます。

 

4カ所のネジをしめ終わりましたら

次は動作の確認をしてきます。

f:id:halsolach:20190428013135p:image

 

スティックが勝手に動かない事を確認できましたら

すべて修理完了です。

 

お疲れ様でした‼️

 

壊れてもいいやぐらいの気持ちであれば

ぜひ交換修理を検討してみてはいかがでしょうか。

 

最近はこちらのY字ドライバーが人気があるようです。

 

YouTube動画はこちらになります。


★ジョイコン(L/左)スティック安全な修理の方法を詳しく解説

 

 どうしても直せない場合や、直すのが面倒な方はこちらをご検討ください。

 

 

 いっそのこと本体ごと買ってしまう…という方法もありです。

 

 

ニンテンドースイッチのジョイコン(R/右)スティックの交換修理方法を詳しく解説

はい皆さんこんにちは〜

はるそらチャンネルです‼️

f:id:halsolach:20200105092149p:plain

 

今回は「Nintendo SwitchニンテンドースイッチJoy-Con(R/右)ジョイコンが

勝手に動いてしまう不具合を安く安全になるべく壊さないように

修理をする方法について詳しく解説していきたいと思います。

 

【これまでの経緯】

メーカー保証期間はとうの昔に過ぎており

新しいジョイコンを買おうとも思いましたが

8000円近くもかかってしまうため

意を決してAmazonで1580円の修理キットを購入し

自分で交換修理をしてみました。

 

私が購入した当初より修理キットの内容や

グレードが上がっているようです。


※注意

メーカー保証が効かなくなり

故障のリスクもございますので

分解修理は自己責任でお願いします。

 

 

交換修理には最低でもY字ドライバーという特殊なドライバーと新しいスティックが必要になります。

 

今回はアマゾンで1580円で売ってました修理キットとつまようじ1本を使って修理をしていきたいと思います。

 

それではさっそく解説していきたいと思います。

 【分解】

 ではさっそく分解からやってきたいと思います Y字ドライバー(0.6)を使って4カ所のネジを外していきます。

f:id:halsolach:20200105091508p:plain

 

ここで注意していただきたいのが

外れにくいからといって無理にY字ドライバーを回してしまうと

ネジ山があめってしまう(欠けてしまう)ので

そんな時はドライバーを少し押し込みながら

ネジを回していくとネジ山がつぶれてしまう確率が下がります。

f:id:halsolach:20200105091518p:plain

もし、この時点でネジ山がつぶれてしまった場合は

こちらのゴムゴム作戦をお試しください。

あわせてドライバーの持ち方についても詳しく解説しております。

 

 

もし、この時点でネジ山がつぶれてしまった場合はこちらのゴムゴム作戦をお試しください。

あわせてドライバーの持ち方についても詳しく解説しております。

youtu.be

 

4カ所のネジが外れましたら修理パーツに付属していたギターのピックのような青い三角形のものでカバーを外していきます。慣れると爪でも開けられる様になります。

f:id:halsolach:20200105091532p:plain

 

ここで注意していただきたいのが、カバーを思いっきり開けてしまうと

繋がっている2本のフレキシケーブル(*FPC/FFC/フレキシブルフラットケーブル/フレキシケーブルなどと呼ばれているようです)が外れてしまったり

場合によってはコネクターごと取れてしまうといった悲惨なことにもなります。

f:id:halsolach:20200105091540p:plain

 

カバーはできる限り優しく開けて頂ければと思います。

f:id:halsolach:20200105091548p:plain

 

続きましてバッテリーを外します。

修理パーツに付属していた緑色のヘラのような道具で

バッテリーの隙間に差し込んで起こすように外していきます。

バッテリーと本体とは両面テープでくっついていますので

最初は外れにくいかも知れません。

また、勢いよく外してしまいバッテリーと本体を繋ぐコードが

切れてしまわないように注意しましょう。

f:id:halsolach:20200105091625p:plain

 

次にバッテリーの土台を外していきます。

ここからはプラス+ドライバーを使います。

とても小さいネジなのでなくしてしまわないように注意しましょう。

 

3箇所のネジを外します。いちばん左上のネジが少し分かりにくいですが

ここも外さないとバッテリーの土台が外れません。

 

f:id:halsolach:20200105091648p:plain

 

次が一番注意して頂きたい工程になります。
バッテリーの土台がとても短いフレキシケーブルで本体とつながっていますので

無理に開けないように注意しましょう。ケーブルやコネクターの破損につながります。

土台をゆっくりとひっくり返すようにするとわりとうまくいきます。

f:id:halsolach:20200105091704p:plain

 

土台をひっくり返したら、フレキシケーブルを外します。

ケーブルの先にある、接続部分のパーツ(FPCコネクタ)の小さなレバーを

つまようじなどで起こしていきます。

レバーを起こすとケーブルをコネクタから抜くことができます。

f:id:halsolach:20200105091727p:plain

 

ケーブルが外れましたらスティックパーツのネジを2箇所外していきます。

f:id:halsolach:20200105095808p:plain

 

下の方からジョイコンのスティックを少し押し上げるとスティックパーツが外れやすいです。

 

この時スティックパーツと本体との間に黒いシールのようなものが貼ってありますが、このシールは本体側に貼り付けたままジョイコンスティックを外すと後で新しいスティックを取り付けるときに手間が省けます。

f:id:halsolach:20200105103436p:plain

 

【新しい部品の取り付け】

それでは新しいスティックを取り付けていきます。

f:id:halsolach:20200105103627p:plain


新しいスティックを取り付ける方向は、スティックのパーツから出ているケーブルを

先ほど外したコネクタ部分に挿し込める方向で取り付けていきます。

f:id:halsolach:20200105103740p:plain

 

先にプラスドライバーでネジを2カ所締めて固定てしまいます。

f:id:halsolach:20200105103902p:plain

 

そして先ほど外したケーブルを接続部分(コネクタ)に挿し込んでいきます。

f:id:halsolach:20200105103953p:plain

 

ケーブルを挿し込んだ後にコネクターのレバーを下げて固定します。

f:id:halsolach:20200105104040p:plain

 

念のためつまようじなどで軽くケーブルを引っ張って

簡単に外れてしまわないか確認をします。

f:id:halsolach:20200105104315p:plain

 

【元の状態に組み立て】

次にバッテリーの土台を元に戻していきます。

ここでも無理に戻そうとするとケーブルが外れてしまうので

ゆっくりと、優しく戻してあげてください。

また、分解した時に「R」キーが外れていた場合は、ここで取り付けます。

バネを押しつつ、ボタンの溝にしっかりハマるようにして取り付けます。

f:id:halsolach:20200105104412p:plain


3カ所をプラスのネジで固定していきます。

f:id:halsolach:20200105104522p:plain

 

次に、アンテナを元の状態にはめ込んでいきます。

f:id:halsolach:20200105104930p:plain

 

次にバッテリーを取り付けていきます。

両面テープで固定されるので、はめ込んで少しだけ押し付けてあげます。

f:id:halsolach:20200105105029p:plain

 

次にカバーを閉じていきます。再び登場、Y字ドライバーです。

4箇所のネジを止めていきます。

ここであまり強く締めすぎるとネジ山が欠けてしまうので

加減をしながらしめていきます。

f:id:halsolach:20200105105159p:plain

 

【動作確認】

4カ所のネジをしめ終わりましたら

次は動作の確認をしてきます。

f:id:halsolach:20200105105237p:plain

 

スティックが勝手に動かない事を確認できましたら

すべて修理完了です。

 

お疲れ様でした‼️

 

壊れてもいいやぐらいの気持ちであれば

ぜひ交換修理を検討してみてはいかがでしょうか。

YouTube動画はこちらになります。


★ジョイコン(R/右)スティックの交換修理の方法を詳しく解説

ダイエット(トレーニング)を続けさせるための、たった2つの行動

はい~こんにちは! はるそらです。

 

今回は、続かないダイエット(トレーニング)を続けさせるための

たった2つの行動というテーマでお届けしていきます。

 「極太の上腕二頭筋をアピールする歯科医」の写真[モデル:パルンボ井若]

 

結果からお伝えしますね

 

「習慣化」

「強制化」です

 

この2つの行動でほぼ確実にダイエット(トレーニング)を

継続させることができます。

 

「習慣化」

そもそもダイエット(トレーニング)が続かないのは

知らず知らず太る習慣がついていることと

痩せる習慣に対する知識が乏しいからです。

 

<太る習慣>

・夜中にたくさん食べてしまう

・間食が多い

・甘いものが大好き

バイキングで取りすぎる人のイラスト

などなど太りやすい生活習慣というものがあります。

もし太ってしまう生活習慣に思い当たるなら

まずはその習慣を控えることから始めましょう。

なぜなら既にそれが「痩せる習慣」の始まりでもあるからです。

 

<痩せる習慣>

・ジョギング

・食事制限

・無駄な動き

3つのうち「無駄な動き」に関しては

意外に簡単に習慣化しやすくておすすめです。

 

なかでも究極の無駄な動きは「部屋のなかをつま先立ちで歩く」です。

なぜ究極かというと、つま先立ちは「ふくらはぎ」を鍛えます

そしてふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれるほど重要で

心臓に血液を戻すポンプの役目を果たしています。

 

この「ふくらはぎ」を鍛えることにより、全身の血液の巡りが活性化され

むくみ、冷え性の解消、疲れずらい体づくり、老化防止に

絶大な効果を発揮していきます。

 

そろそろトイレに行きたくなったそこのあなた

つま先立ちで行ってらっしゃい!

トイレに座る男の子のイラスト

 

おかえりなさいませ!

つま先立ちで帰ってきたあなたは

既に痩せる出発点に立っていることにお気付きでしょうか。

最初は意識した動きになりますが

習慣化されて無意識に無駄な動きをすることで

いつのまにか痩せ体質を手にすることができます。

 

 

「強制化」

これは、いつまでに痩せたいといった期限が迫っている方や

どうしても自分の力では継続が難しい方向けの方法になります。

 

<太る強制力>

人は誰しも中立な存在ですが、心の中には天使と悪魔が存在します

心の中の悪魔とは「欲求・甘え・あきらめ」

それらは時として様々に姿かたちを変えてあなたにささやいてきます。

悪魔のキャラクター

悪魔のささやきに耳を傾けているたあなたは

強制的に太らされている状態です。決してあなたは悪くありません。

悪いのはあなたを堕落させようとする心の中の悪魔です。

 

<痩せる強制力>

ではどうしたら悪魔に勝つことができるか

まず1日1回は必ず痩せた(マッチョな)自分の姿を

具体的に(頭のてっぺんからつま先までを)頭の中に想像する。

「思考は具現化する」とは、かの有名なナポレオン・ヒルの言葉です。

脳が「自分は痩せている」と認識することで体のあらゆる組織が

痩せる方向へ向かい始めます。

 

そして決して「一人にならないこと」です。

 

 

一人では決して続けることができないダイエット(トレーニング)も

仲間やライバル、そして正しい痩せ方を教えてくれる人を持つことで

 「欲求・甘え・あきらめ」に勝つことができるのです。

30日間無条件全額返金保証/ライザップ

 

 

 

いかがでしたでしょうか

「習慣化」「強制化」

このブログがあなたの人生のターニングポイントとなることを

心から祈っております。

 

勝手に動くジョイコンを直す2通りの方法

はい皆さんこんにちは~!

 

今日はジョイコンのスティックが

勝手に動いてしまうときの応急処置について

2通りの方法を詳しく解説していきたいと思います。

 

f:id:halsolach:20191027090013p:plain 

それではさっそくやっていきましょう。

 

【第1の方法】

スティックの補正の画面で

外側に向けてまーるく、ぐりぐりしていきます。

わりと強めにぐりぐりとぐるぐると回していきます。

すると一時的に治る場合があります。

f:id:halsolach:20191027090455p:plain

 

【第2の方法】

次に2つ目です

一旦ジョイコンを本体から外して

ジョイコンの内側にあるラバーを少しめくるような状態で

そこにストローを入れて思いっきり息を吹きかけます。

できれば上下左右箇所に対して同じく息を吹きかけます。

(この時、決して唾をふきかけないよう注意してください、故障の原因になります)

 

f:id:halsolach:20191027090748p:plain

そしてまた再度ジョイコンを本体に繋げます。

 

スティックの補正画面で若干良くなっているのが分かります。

 

 

ジョイコンを一時的に直す方法としてはこの2つの方法がありますので

ぜひ試していただければと思います。

 

ただ、1番良いのはジョイコンのパーツを購入して

交換していただくのが1番かと思います。

 

 

最近はこちらのY字ドライバーが人気があるようです。

 

交換パーツが届くまでの間の応急処置としてお試しいただければと思います。

 

時間が経つとまた勝手に動く現象が発生してしまいます。

一時的な応急処置としてお考えいただければと思います。


★勝手に動くジョイコンを直す2通りの応急処置

 

それではまた~。

Lenovo(Windows10)でファンクションキーを今まで通りに設定する方法

はい、みなさんこんにちは〜

 

今回はLenovo(Windows10)で

ファンクションキーを

今まで通りに設定する方法

詳しく解説していきます。

f:id:halsolach:20191007131649j:image

 

新しくLenovo(Windows10)を買って

文字入力をしているときに

カタカナ変換しようと「F7」を押すと

機内モードになったり

半角英数字に変換しようと「F10」を押すと

外部ディスプレイになったり

 

「え?使い慣れたファンクションキーが

使えなくなってる?」正直焦りました。

これが使えるのと使えないのでは

入力スピードが全然違いますからね〜。

 

まあ、Fnキー押せばいっか。

ともおもいましたが

押し忘れやFnキーとctrlキーを押し間違えて機内モードや画面分割設定が多発。

作業内容がパアになってしまうことも。。。

 

なんとかならんかな〜と色々調べた結果

今まで通りのキー設定に変更する方法がありましたので、さっそくご紹介していきます。

 

 

ファンクションキー設定

スタートメニューの電源にある「再起動」をクリックするのですが、その際にキーボードの「shift」キーを押しながらクリックしてください。

f:id:halsolach:20191007131730j:image

 

するとブルーバック

「オプションの選択」画面が表示されます。

この画面ではマウスが使えない場合がありますので、その時は

キーボードの↓キーを押して

トラブルシューティング」を選択し

「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007132047j:image

 

次に「トラブルシューティング」の画面で

↓キーを押して「詳細オプション」を選択し

「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007132753j:image

 

「詳細オプション」の画面で

→、↓キーを2回押して

UEFIファームウェアの設定」を選択し

「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007133155j:image

 

「再起動」で「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007182854j:image

 

BIOS画面が表示されますので

画面最上部のブルーのラインのところ

→、「configuration」タブを選択

↓キーで一番下の「HotKey Mode」を選択し

「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007183209j:image

 

青いマスの部分で↓キーを押して

「Disabled」を選択し「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007184009j:image

 

→キーで「Exit」までタブを移動し

「Exit Saving Changes」を選択した状態で

「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007184231j:image

 

青いマスの部分で↓キーを押して

「Yes」を選択し「Enter」を押します。

f:id:halsolach:20191007213600j:image

 

再起動がかかります。

f:id:halsolach:20191007213801j:image

 

ファンクションキーの動作を確認します。

これで、今まで通りのファンクションキーの動作と同じになりました。

カタカナ変換がサクサクできる〜‼️

 

BIOSを操作するので

間違えないかとドキドキしますが

手順どおりにやれば大丈夫ですよー。

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました!

それではまた〜👍

 

 

 

 

ジョイコンSL/SRボタン、LEDの修理と応急処置の方法

はい〜、皆さんこんにちは!

 

今回は「Nintendo Switch

ニンテンドースイッチ

Joy-Con(R)ジョイコンSL/SRボタンが

効かない、LEDランプが点かない

不具合の交換修理方法について

詳しく解説していきたいと思います。

f:id:halsolach:20190911004345p:image


わが家のジョイコンはまだ生きてますが

事象が発生した時を想定して

作成してみました。

 

 

今回使用する道具は

Y字ドライバー2.2と

プラスドライバー1.5

になります。

 

それではさっそくやってみましょう!

 

SL/SRボタンを押すと

LEDランプが順番に光りますが

反応しない場合は

押してもLEDは光りません。

f:id:halsolach:20190911004414p:image

 

 

Y字ドライバーを使ってネジを外し

カバーを外します。

向こう側に見えるフレキシケーブルが

すでに角度がついて折れ曲がっています

この部分が断線する事で

SL/SRボタンがきかなくなり

LEDランプが光らなくなります。

f:id:halsolach:20190911004851p:image

 

バッテリーも外しておきます。

f:id:halsolach:20190911005026p:image

 

アンテナも外します。

f:id:halsolach:20190911005108p:image

 

バッテリーが収まっていた

フレームを外します。

ここはプラスドライバーを使います。

f:id:halsolach:20190911005145p:image

 

フレキシケーブルを外していきます。

コネクタ部分の黒いラッチを

つまようじなどで下から上にあげます。

f:id:halsolach:20190911005414p:image

 

フレキシケーブルが外れました。

f:id:halsolach:20190911005621p:image

 

カバーとパーツを繋いでいるネジを

プラスドライバーで外します。

f:id:halsolach:20190911005716p:image

 

カバーからパーツを取り外します。

f:id:halsolach:20190911010331p:image

 

新しいパーツが来るまでの

応急処置としては

折れ曲がっている部分を

セロテープやアルミテープなどで

少し矯正してあげると

一時的に使えるようになる場合があります。

f:id:halsolach:20190911010415p:image

 

新しいパーツをコネクタに挿すときは

ケーブル先端の両側についている

小さな羽のような部分が

コネクタの根元までくるようにさして

レバーを倒して固定させます。

f:id:halsolach:20190911011149p:image

 

また、新しいパーツはケーブル部分が

ピーンと伸びていますので

本体に収納するときは

決して角度をつけずに

柔らかい曲線になるように

カバーを閉じましょう。

 

 

最後にSL/SRボタンを押して

LEDランプが光るか確認します。

f:id:halsolach:20190911011454p:image

 

 

いかがでしたか?

パーツはAmazon楽天などで

販売されております。

 

 

 

 

 動画はこちらになります。


★ジョイコンSL/SRボタン、LEDの修理と応急処置の方法

ネットビジネス(副業)成功のための8ステップ

はい、皆さんこんにちは!!

 

今回は、ネットビジネス(副業)成功のための8ステップ

 

について書いてみたいと思います。

 

f:id:halsolach:20191027091945p:plain

 

このステップを確認することで

今の自分の立ち位置や今後の目標について考えることができます。

 

それではさっそくいってみましょう!

 

 

 

1.情報に触れる

 

2.やってみようかと思う

 

3.やってみる

 

 

4.初収益が出る

 

5.継続と改善をする

 

6.徐々に盛り上がる

 

7.収益がやや安定化する

 

8.収益を投資や新規事業へ

 

 

ちなみに、今のところ私はステップ5です。

 

 

もし、ステップ7を超えて安定してきたら

一気に独立起業を考えるか

より副業に時間を割くために

転職を検討します。

このあたりが悩みどころかと思います。

 

でもまぁ副業の基本スキルは身に付いている頃なので、例えどちらかに進んで失敗してもそこから再びはい上がってこれます。

 

いかがでしたでしょうか 

 

試行錯誤を繰り返しながらも

 

最初の壁であるステップ4で

 

0(ゼロ)から1を乗り越えれば

 

後はモチベーションを維持しながら

 

継続と改善をしていけば

 

必ず光は見えてきます。

 

まずはより良い情報に触れる

 

ところから、始めてみませんか?

 

それではまた〜

ジョイコンのバッテリーの外し方を詳しく解説

はい皆さんこんにちは〜‼️

 

 

今回はジョイコンのバッテリーの外し方について詳しく解説してまいります。 

f:id:halsolach:20190710225439p:image

 

ジョイコンの修理(スティックの交換)などの際は、なるべくバッテリーを外してから作業をした方が良いようです。

 

ジョイコンに限らず機械の修理は

通電を絶った状態で行うのが

基本と言われております。

 

ではではさっそくいってみましょう‼️

 

途中までの分解方法はこちらを

参考にしてみてください。 

halsolach.hatenablog.com

 

上蓋をぱかっと開くところまできましたら

こんな感じでバッテリーが収まっております。

f:id:halsolach:20190710231032p:image

 

バッテリーは両面テープで

土台に貼り付いておりますので

はがしておきます。

f:id:halsolach:20190710231009p:image

 

拡大すると

こんな感じでコネクタに接続されております。

f:id:halsolach:20190710231705p:image

 

コネクタから外すときは

なるべくコードの根元の方を持ちます。

f:id:halsolach:20190710231915p:image

 

そして上方向に向けて引っ張ると

ポコっと外れます。

f:id:halsolach:20190710232042p:image

 

接続部ウラ側の拡大画像です

溝がふたつあるのがわかります。

f:id:halsolach:20190710232457p:image

 

こちらはオモテ側

金属の部分が2か所見えます。

f:id:halsolach:20190710232843p:image

 

再度バッテリーを取り付ける場合は

オモテ側が見える状態で

コネクタに押し込んで取り付けます。

微妙に『カチッ』と音がしてハマります。

f:id:halsolach:20190710233438p:image

*はめ込む際に指が入らない場合は

爪楊枝の柄の部分など

細いもので上から押してあげてください。

 

あとはバッテリーを元の土台に取り付けて

f:id:halsolach:20190710233829p:image

 

上蓋を取り付けてドライバーで締めて

f:id:halsolach:20190710233933p:image

 

ハイ出来上がり〜‼️

f:id:halsolach:20190710234055p:image

 

 

最近ではバッテリーとドライバーを

セットで販売されておりますので

参考までにどうぞ

 

 

いかがでしたか?

購入してから3〜4年以上経つとバッテリーも

だんだん充電の減りが早くなってきます。

 

修理の時だけではなく

バッテリーを交換する際も

同様の手順でOKです。

 


★ジョイコンのバッテリーの外し方を詳しく解説

 

みなさまのお役に立てましたら幸いです。

 

それではまた〜